日報めいわ

笑いあり、涙ありの敬老会

第9800号  2017年09月28日
大曲中通病院

これからもどうぞご健康で…

9月14日に大曲中通病院ショートステイで敬老会が行われ、16人が参加しました。

午前中は、シンガーソングライターの高原照夫さんとボランティアのほほえみシスターズの皆さんが歌と踊りを披露。利用者は高原さんの迫力あふれる歌声に深く聴き入り、一曲終わるごとに大きな拍手をされていました。普段は表情の硬い方も、ほほえみシスターズの皆さんと一緒に歌に合わせて手をたたいたり、足を鳴らしたりと大いに盛り上がりました。公演はあっという間に時間を迎え、感動された利用者は高原さんとほほえみシスターズの皆さんに、涙とともに感謝の言葉を伝えていました。
午後は敬老会が行われ、皆で秋田県民歌を歌ったあと、深川院長が一人ひとりに感謝状を手渡しました。その後は茶話会で「祝」「長寿」と書かれた紅白まんじゅうを堪能し、心もお腹も満たされたようでした。
敬老会を終え、利用者は「このような会を開いていただき感謝しております」「これからも希望を持ち、楽しい毎日を過ごしていきたい」と感想を話していました。