日報めいわ

防災訓練 消火器の使い方を確認

第9803号  2017年10月05日
ふき健診クリニック

火災時でもあわてずに

ふき健診クリニックで9月19日に初期消火の訓練が行われ、16人が参加しました。

訓練は、有事の際もあわてることなく消火活動ができるようにと実施されました。
初めに東北物産の方が消火器の使い方や使用上の注意について説明し「消火の際は必ず消火器の中身を使い切り、室内では、自分の逃げ場を後ろに確保してください」と話しました。その後、看護師と事務員の4人が、薬剤の代わりに水の入った消火器を用いて消火訓練を行いました。
初めて消火器を使用する人もおり「予想していたより消火器が重かった」といった感想が聞かれ、実際に器具を体験する良い機会となりました。