日報めいわ

看護職員内定者懇談会

第9928号  2018年11月27日
明和会

先輩看護師や仲間と交流

来年4月に看護師として入社する内定者を対象にした懇談会が、11月10日(土)に秋田ビューホテルで開かれ、45人が出席しました。

大曲中通病院の畑山ひふみ総看護師長が「看護師は魅力、やりがいのある仕事です。国家試験に合格し、一緒に働けることを期待しています」とあいさつ。中通総合病院の保坂るり子看護部長が『明和会・看護の魅力』と題して講演し、明和会のネットワーク、三病院の看護部門の理念、研修などについて述べました。
また、3~5年目の看護師6人がアドバイザーとして参加し、それぞれの職場を紹介したほか、昼食をとりながらの懇談では内定者の質問に答えたり、国家試験や仕事について話し、アドバイスしました。内定者は「不安もあったが、先輩の話を聞き自信を持つことができた」「看護師の仕事の大変さ、やりがいを感じた」と感想を話していました。
最後に中通リハビリテーション病院の豊嶋純子総看護師長が「皆さんが安心して働けるようサポートする体制をつくり待っています。4月から頑張っていきましょう」と述べ、閉会しました。