日報めいわ

第143回生き活き健康フェア

第9935号  2018年12月18日
明和会

脳年齢を知って認知症予防

第143回生き活き健康フェアが11月17日(土)に秋田市民市場で開催され、約100人が訪れました。

特別企画は、中通リハビリテーション病院の認知症看護認定看護師が脳年齢チェックを行いました。色と文字を組み合わせ、それぞれを識別して読む『色読みテスト』を利用者に実施。楽しみながら受けてうけていただき、結果をもとにアドバイスをしました。
また、利用者からは「物忘れがひどくなってきた」といった相談が寄せられ、加齢に伴う物忘れと認知症の違いを説明し、認知症への理解を深めてもらいました。