日報めいわ

看護の日の行事

第9999号  2019年06月27日
中通リハビリテーション病院 大曲中通病院

患者さん、家族と触れ合って

中通リハビリテーション病院で5月30日、大曲中通病院で5月22日、「看護の日(5月12日)」の行事が行われました。

中通リハビリテーション病院では病棟で手浴・足浴、ハンドマッサージ、首温活を行いました。首温活は首をホットタオルで温めることにより、自律神経を整えたり疲労回復に効果があるとされています。患者さんは「気持ちいい」「こんなことまでしてもらってありがたい」と、喜んでいました。また、外来看護では家族の方を対象に健康相談会を実施。約20人が訪れ、職員が体調など体の悩みにアドバイスをしました。
大曲中通病院では外来の待合フロアで骨密度や血糖の測定を行い、約40人が利用。「自分の状態を知ることができて良かった」と話す方や、昨年の結果と比較する方がいました。高血圧や糖尿病など、疾患や症状に合わせた食事のとり方、レシピを紹介したパンフレットも展示・配布したほか、訪れた方に鉢植えの花をプレゼントしました。