日報めいわ

初期臨床研修説明会

第10002号  2019年07月04日
中通総合病院

魅力を伝え、新たな仲間を

中通総合病院の初期臨床研修説明会が、6月7日午後6時から開催されました。

この説明会は、今年度のマッチングに結び付けるために臨床研修担当部が企画したものです。今回は秋田大学から8人の参加がありました。
鈴木院長があいさつした後、研修管理委員会の奥山慎先生(腎臓・リウマチ科統括科長)が研修プログラムを説明。また「他科との連携がスムーズである」といった中通総合病院の特徴に触れ、魅力をアピールしました。続いて、二年目の研修医で、消化器内科をローテート中の石野寛和先生、麻酔科をローテート中の猪股美結先生が研修生活を報告。研修医から見た各科の雰囲気や、自分が中通総合病院を選んだ理由などを述べました。
説明会後は、研修管理委員会の藤原崇史先生(腎臓・リウマチ科科長)や一年目の研修医も交えて懇親会を行い、学生との親睦を深めました。