日報めいわ

第151回生き活き健康フェア

第10013号  2019年08月15日
明和会

介護保険についてレクチャー

第151回生き活き健康フェアが7月20日(土)に秋田市民市場で開催され、約100人が訪れました。

今回の特別企画コーナーは中通ケアプランセンターが担当し「住み慣れた地域で最後まで暮らすために~介護保険Q&A~」をテーマに、介護保険相談を実施しました。
訪れた人は「今は問題ないが、今後が心配なのでしっかりと準備しておきたい」と話す方が多く、「どのようなサービスが受けられるのか」「申請はどこでできるのか」など、ケアマネジャーへ熱心に質問する姿が見られました。介護保険サービスの基本的な使い方と内容を説明するとともに、地域包括支援センターや病院の医療相談室では、より専門的なことも相談できるので、一人で悩まず気軽に相談してほしいと伝えました。
また健康チェックコーナーでは、少しずつ目標の数値に近づいているリピーターの方もおり「この調子で来月までがんばります」という声が聞かれ、健康への意識の高さが感じられました。