日報めいわ

第154回生き活き健康フェア

第10038号  2019年11月05日
明和会

食事と運動で心臓病を予防

第154回生き活き健康フェアが10月12日(土)に秋田市民市場で開催されました。

当日は台風の影響により、悪天候の中での開催となりましたが、約70人が訪れました。特別企画は中通総合病院の心臓リハビリテーションチームが担当し「心臓に大切な栄養と運動」をテーマに、減塩みそ汁の試食と運動機能チェックを行いました。
試食では、具体的な減塩の方法やだしの取り方、みその選び方などを説明しました。また、心臓病予防のために食事で気を付けるポイントを話したほか、栄養指導を行いました。
一方、運動機能チェックでは、心臓病のリスクとなる筋肉量とバランス力の低下を見るため、握力測定、下肢筋力検査、バランス検査を実施。有酸素運動やストレッチが予防に効果的であることを伝えるとともに、心臓病の原因である動脈硬化は、食事や運動以外にも、ストレスと喫煙が関係することを話しました。
医師の相談コーナーは、同チームの小貫孔明先生が担当。訪れた方は、塩分やコレステロール、心筋梗塞などについて熱心に質問し、先生は一人ひとりに丁寧に答えていました。