• Home
  • 日報めいわ
  • 相模 司さん(ふき健診クリニック)旭日双光章を受章

日報めいわ

相模 司さん(ふき健診クリニック)旭日双光章を受章

第10106号  2020年06月16日
ふき健診クリニック

春の叙勲 保健衛生功労として

ふき健診クリニックの相模司さん(放射線技師)が、2020年春の叙勲で旭日双光章を受章しました。

秋田県関係では、長年にわたり各分野で社会に貢献してきた75人の方が受章しています。
相模さんは昭和46年に放射線技師の免許を取得し、公立角館総合病院(現在の市立角館総合病院)に勤務するかたわら、秋田県放射線技師会会長や、日本放射線技師会地域担当理事を務めるなど、病院以外にも多くの場で活躍してきました。同病院を退職後、平成23年からは、ふき健診クリニックに勤務しています。
叙勲の伝達式は5月7日に県正庁で予定されていましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止になりました。ふき健診クリニックでは当日、セレモニーを開き、職員みんなでお祝いしました。

◆相模さんの喜びの声◆
私がこのような勲章を頂くことができましたのは、秋田県診療放射線技師会、前任地の市立角館総合病院、現任地の明和会の推薦があってのことと感謝申し上げます。
私はこの診療放射線技師という職業が好きです。また、このことしか知らない、できない私が免許を取得して以来、今日までお仕事ができ、社会と関係を持つことができますことは、菅原所長をはじめスタッフの皆様方、中通総合病院放射線課の皆様方、明和会本部の皆様方のご支援の賜物と感謝申し上げます。
今後とも精進に努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。