• Home
  • ひろば
  • 患者団体の方々がタオル帽子を寄贈

ひろば

患者団体の方々がタオル帽子を寄贈

中通総合病院

患者団体の方々がタオル帽子を寄贈

 

中通総合病院に、あけぼの秋田(乳がんの患者会)と秋田県がん患者団体連絡協議会から、患者さん用の手作りのタオル帽子が贈られました。
タオル帽子は抗がん剤の副作用による抜け毛の悩みをサポートし、患者さんを励まそうと、会員の皆さんが心を込めて縫い上げたものです。
昨年11月にあけぼの秋田、12月に秋田県がん患者団体連絡協議会の方々が訪れ、福田院長にタオル帽子を手渡しました。福田院長は「患者さんのお役に立つよう、大切に利用させていただきます」と両団感謝状を贈りました。
タオル帽子は、洗濯が可能で衛生的に使用でき、なんといっても作った人の温かい気持ちが伝わります。