ひろば

中通総合病院の新病院がオープン

中通総合病院

中通総合病院の新病院がオープン

 

患者さんにより良い医療を

中通総合病院の新病院がオープンし、昨年12月2日から外来診療が始まりました。

11月25日、中央待合ホールで竣工式がとり行われました。明和会や工事の関係者、また、秋田県知事、秋田市長(ともに代理)、秋田県医師会会長、秋田銀行頭取の方々など約60人が出席。神事に続いてテープカットが行われ、工事の完成を祝いました。26日には一般の方々を対象にした内覧会を開催し、約七百五十人が訪れています。
新病院は、救急搬送時に迅速な診断・治療ができるよう救急外来を中心に各種検査部門を配置し、蘇生室には手術室やICUへの直通エレベーターを設置。また、カテーテル検査室と手術室の機能を一つにまとめたハイブリッド手術室を新たに備えました。
診察室は患者さんのプライバシーに配慮して個室型に。建物の中心には光庭を設け、外来、病棟とも自然光が入る明るい空間になっています。患者さんからは「新しくなって気持ちがいい。明るいですね」「病棟からの見晴らしがとてもいい」などの声が聞かれています。
今後は外構工事、既存棟の改修や解体を行い、今年10月のグランドオープンを目指します。