ひろば

まもなく新築棟が完成

中通総合病院

まもなく新築棟が完成

 

12月から診療開始

昨年3月から始まった中通総合病院の新築・改修工事のうち、新築棟の建設工事が今年11月の完成を目指して着々と進んでいます。

新築棟は地下1階、地上9階建てで、外来、手術室、病棟などが入ります。躯体工事は最上階まで進み、新築棟の全体像が分かるようになりました。
内部の工事も進んでいます。内装は、秋田の自然が織りなすアースカラーを基調とし、安心感とぬくもりのある柔らかな色彩が特徴。また、自然の光が入る、明るく開放的なつくりになっています。
6月には病棟の個室と四床室のモデルルームを工事現場内に設け、コンセントやスイッチの位置、トイレや洗面台、手すりなどが患者さんにとって使いやすいかを確認。車いす用トイレの手すり、ナースコールの位置などについてはリハビリテーション部のアドバイスを受け、看護部門が中心になって検討しました。現在は窓の取り付け、床や壁、電気や配管などの工事が行われ、大型の医療機器も搬入されています。
もうすぐ完成する新築棟。診療開始は12月2日です。

新病院建設基金ご協力のお願い
中通総合病院新築の財源の一部につきまして、広く県民・市民の皆様から寄付をお願いしております。本事業の趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
【期間】平成26年7月まで
基金のお申し込みは、各病院の受付窓口にお問い合わせください。