歯科通信

専門医を探すには...

★ 歯科医師 東海林 克

専門医を探すには・・・

これまでお話ししてきたとおり「顎関節症」という診断名は、顎関節や咀嚼筋等の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とした様々な「病態」を一括しているものです。
治療を開始する前には、同じような症状を示す病気の鑑別が必要で、顎関節以外の病気に関しては専門科に治療を委ねなければなりません。
インターネットや雑誌などで「顎関節症」に関する様々な情報が飛び交っていますが、しっかりとした学問的な裏付けのある情報が少なく、「顎関節症」を発症した患者さんが受診する診療科を探すのに迷ったり、適正な診療を受ける機会を逸している事が否めません。
この病気に関する治療の責任学会は、日本顎関節学会です。この学会では、学会が認定する「歯科顎関節症専門医」の制度があり、既に290名の専門医が認定されています。学会の運営するホームページは、一般の方でも閲覧が可能ですし、「専門医・指導医一覧」も同様に閲覧が可能ですので、近くの専門医療機関を確認することができます。
ウェブサイトは、(http//kokuhoken.net/jstmj/index.html)です。


《引用文献》 柴田孝典.特集:顎関節症治療法の変遷 口腔外科領域における顎関せうt賞の治療.日補綴会誌; 4巻3号2012,246~255.
一般社団法人 日本顎関節学会 初期治療ガイドラインホームページ
一般社団法人 日本顎関節学会ホームページ


2014年6月号 顎関節症について  顎関節症の治療8