臨床検査技師(検体検査)

臨床検査技師(検体検査)

臨床検査技師(検体検査)

高校卒業後、専門学校(3年)または専門学部のある大学(4年制)で単位を取ったものが、厚生労働省で実施している臨床検査技師国家試験(年1回)を受ける資格があります。臨床検査業務とは、病院や診療所で行う血液や体腔液などの検査だけではなく、手術や胃カメラなどで採取した臓器・組織片を、顕微鏡で病気を診断できるように染色体標本を作製したり、心電図や脳波検査などを行ったりする仕事です。現在の医療レベルはますます高度化していますが、臨床検査は専門分化しながら、要求に応えられるように日々自己研鑚に励んでいます。

役割

血液や体液を色々な方法で検査し、治療効果や病名診断を確定する補助的役割を担っていると同時に適切な薬剤選択の為のデータの提供をおこなっています。

日常業務

体調の悪い人、及び健康診断・人間ドック受診者から病名判断のために必要な体液(血液・尿・便・体腔液・喀痰など)の中の微量物質を測定し、基準値からどれほど離れているか、あるいは異常物質の存在があるかなどを分析しています。

スタッフ

22名