歯科口腔外科

ご案内

当科では主に当院入院中の患者さんを対象とした「周術期口腔機能管理」を行っております。
「周術期」とは入院・手術・回復からなる手術前後の一連の期間を言います。
手術を行う時に、口の中が不潔であれば、手術創の治りが遅れたり、手術後に肺炎を起こしたり、いろいろな合併症を起すことがあります。
当科では、このような合併症の予防を目的として、がんを主としたさまざまな病気の治療(手術、化学療法や放射線治療)、心臓外科手術等の患者さんに対して口腔ケアを行っております。

医師の紹介

東海林 克
統括科長 1986年卒