感染制御活動のご紹介

感染対策への取り組みについて

中通総合病院における感染対策は、医療関連感染の発生を未然に防ぎ、あるいは発生した感染症が拡大しないように感染制御体制を確立させ、安全で質の高い患者サービスの提供を図ることを目的としています。
院内の感染対策の中核として感染制御部があり、多職種により構成された感染制御チーム(ICT)と共に感染対策を推進しています。また、各部署にはリンクメンバーを配置し、日常業務における感染対策を実践しています。
患者さんおよびご家族を対象としたイベントを企画し、地域住民への啓発活動も行っております。


ICTとリンクメンバーによる合同研修会

  
ICT会議

主な活動内容


地域住民対象の 手洗いキャンペーン


中通総合病院 手指衛生ポスター

  • 院内ラウンドによる現場指導
  • 感染管理に関する職員教育
  • 院内外の感染対策に関するコンサルテーション
  • 病院感染対策マニュアルの作成および改訂
  • 感染症発生状況の監視と調査
  • 職業感染防止
  • 近隣の医療保健施設との連携
  • その他

感染制御活動の例

院内ラウンド

毎週1回ICTによる院内ラウンドを実施しています。感染対策の実施状況を把握し、患者さんにとって安全で安心できる療養環境となるよう指導しています。

手洗いキャンペーン

患者さん、ご家族、ご面会の方、職員を対象に手洗いキャンペーンを行っています。蛍光ローションを擦り込み、ブラックライトで洗い残しがないか検証します。
普段行っている手洗いが適切に行われているか確認し、手洗いの方法について指導しています。

手洗いポスター

今年度から、感染対策の啓発活動のひとつとして、インフルエンザや感染性胃腸炎などが流行する時期に合わせ、患者さんやご家族、職員に手洗いポスターを募集しました。
応募された作品は院内掲示し、感染対策に役立てていきます。