脳神経外科

ご案内

脳神経外科では、1971年の開設以来、頭部外傷、脳血管障害(くも膜下出血、高血圧性脳出血、脳梗塞)、脳腫瘍、炎症(脳膿瘍、髄膜炎)、先天性疾患(脊椎破裂、水頭症、狭頭症)、機能的疾患(顔面けいれん、三叉神経痛)など、脳・神経に関するあらゆる疾患の診療をおこなっています。外来は月曜日、水曜日から金曜日の午前中ですが、頭部外傷や脳血管障害など緊急を要する疾患に対しては365日、24時間体制で受け入れています。もちろん緊急手術も可能で、年間の手術件数は約100件です。患者さんはいろいろな合併症をもっていることが多く、手術を含めた治療には麻酔科や循環器科をはじめとして他科の協力が必須で、総合病院の特長を十分に生かした治療をおこなっています。神経内科のスタッフも充実しており、特に脳血管障害においては急性期から慢性期まで幅広い高度な治療が行えます。さらに訓練による機能回復が必要な患者さんには、中通リハビリテーション病院で、専門スタッフが機能回復訓練のお手伝いをしており、慢性期および退院後の療養についても包括的な医療をおこなっています。また、開設当初から、秋田大学脳神経外科と連携して地域医療の発展に努めています。

外来診療のご案内

頭痛がする、手足が麻痺した、ものが二重に見える、ぼけてきた、顔面がけいれんする、あるいは痛いなどの症状がありましたらご相談ください。頭を打った時には、後で具合が悪くなる場合もありますので、早めに外来を受診してください。休祭日や時間外の場合は救急外来で対応しています。
神経内科と協力して、脳ドックもおこなっています。

医師の紹介

佐藤 知
統括科長、副院長、医局長 1992年卒
日本脳神経外科学会専門医
古山 陽佑
2013年卒
菅原 厚
嘱託医師 1978年卒
日本脳神経外科学会専門医

外来週間予定表

受付時間
8時~11時30分
診療時間
8時45分
 
午前 佐藤 休診 菅原 佐藤 菅原