集中治療室

職場紹介(集中治療室)

集中治療室(ICU)は、個室5床とオープンフロア3床の合わせて8床のベッドを持ち、心臓・消化器・脳神経など侵襲の大きな手術後の患者さんをはじめ、内科・外科を問わず、呼吸・循環・代謝・意識において生命の危機的状況にある患者さんのケアや観察を実施しています。

できるだけ早期に回復していただけるよう、医師、看護師、臨床工学技士、リハビリ技士など多職種によるチーム医療を行いながら、そのような状況におかれた患者さんだけではなくご家族に対しても寄り添い、身体的・精神的ケアに努め、思いを受け止めるよう心がけています。

ICUは、様々な監視モニターや点滴に囲まれ、患者さんにとっては特殊な環境にあり、求められる看護実践も多岐にわたるため常に緊張感の高い部署ではありますが、『患者さんの社会復帰が出来るための第一歩となる看護を展開する』部署です。これからもクリティカルケアの充実のため、スタッフ全員が共に目的をもち、更なるICU看護の発展に努めていきたいと思います。