地域医療連携部

職場紹介(地域医療連携部)

地域医療連携部は、平成10年に病診連携室として発足し、平成15年に広く地域の医療機関との連携を強化するため、名称を地域医療連携部と変更しました。
紹介・逆紹介の窓口(前方連携)と退院調整(後方連携)を主に行っています。

前方連携では地域の医療機関や訪問看護ステーションから受診の依頼があった際に、スムーズな受け入れができるよう各外来と連携しています。
また「顔の見える地域連携」を目指して、地域の関係者との研修会や交流会の企画も行っています。

後方連携では、患者・家族が安心して退院できるよう退院支援を行っています(退院支援システムとして運用しています)。前方・後方連携がそれぞれ情報を共有し、患者さんの受け入れや退院支援に早期から関われるように努めています。

法人内に訪問看護ステーションやケアプランセンターがあり、連携強化のための会議や研修会を行って共に学んでいます。