眼科

ご案内

眼科全般の診療・治療を行っています。

  • 白内障手術はほとんどが超音波乳化吸引術による小切開白内障手術であり、主に非球面着色眼内レンズを使用しています。
  • 乱視のある眼には乱視矯正眼内レンズを挿入しています。
  • 2013年4月に多焦点眼内レンズ挿入について先進医療の承認をうけました。患者さんの治療の選択肢も拡大され、利便性も向上します。2014年7月より乱視に対応した多焦点眼内レンズ挿入も行っています。
    お気軽にご相談下さい。(先進医療のご案内
  • 日帰り手術、入院手術どちらも可能です。
  • 糖尿病網膜症など他科との連携を要する治療も行っています。
  • 網膜硝子体手術は行っていませんが、秋田大学付属病院と連携し、術前・術後管理を行っています。
  • 加齢黄斑変性症、糖尿病黄斑浮腫、網膜静化閉塞症による黄斑浮腫に対する抗VEGF抗体の硝子体内注射を行っています。
  • 小児などに対する全身麻酔手術も可能です。斜視弱視に対しては視能訓練士4名と連携して手術と合わせて視能訓練も積極的に行っています。
  • ロービジョンケア、コンタクトレンズ、義眼(要予約)診療も行っています。

症例数・治療・成績

平成28年度の外来患者数 : 延べ14,673人
                  入院患者数 : 延べ1,410人
                     手術件数 : 742件(内白内障619件)
糖尿病網膜症などに対する眼内レーザー治療 : 延べ395件
その他、まぶたなどの外眼部手術、斜視手術、緑内障手術などがあります。

医療設備

ハンフリー視野計、ゴールドマン視野計、オートレフラトメーター、ノンコンタクトトノメーター、角膜内皮測定装置、大型弱視鏡、OCT(光干渉断層計)、ERG(網膜電図)、ヘスチャート、蛍光眼底カメラ、ICG眼底カメラ、超音波診断装置、マルチカラーレーザー、ヤグレーザー、OPDスキャン(角膜形状解析装置)。

医師の紹介

羽渕 由紀子
統括科長 1988年卒
日本眼科学会専門医
坂本 貴子
非常勤
小島 創太
非常勤
渡辺 裕士
非常勤

外来週間予定表

受付時間
8時~11時30分
診療時間
8時45分~
 
午前 羽渕
坂本
羽渕
小島
羽渕
坂本
羽渕
渡辺
羽渕
坂本