呼吸器外科

ご案内

1987年に秋田県で初めて呼吸器外科を標榜しました。秋田駅から最も近い総合病院で、呼吸器内科と協力し、肺癌、自然気胸、縦隔腫瘍、感染性肺疾患まで幅広く診療しています。最近では肺癌の65%、気胸は95%で、胸腔鏡を用いた手術を行っております。また、局所麻酔での胸腔鏡検査や、気管支鏡下治療、がん化学療法も積極的に行っております。セカンドオピニオンにも随時対応いたします。

外来診療のご案内

検診で異常を指摘された方、咳や痰が続いてご心配な方は、お気軽にご相談ください。

入院診療のご案内

入院中は、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士を含めた医療チームで関わらせていただきます。
症状のない方では、外来通院のうえで検査を進め、手術の数日前に入院していただきます。手術後は一晩ICU(集中治療室)で観察します。できるだけ早期の離床を心がけていただき、術翌日から歩行訓練を行います。必要に応じて、理学療法士の指導を受けます。
肺癌の手術であれば、術後10日前後で退院となります。病理診断の結果に応じて、補助化学療法を行うことがあります。
若い男性に多い自然気胸では、術後3日程度で退院しています。

肺縦隔手術例の内訳

医師の紹介

今井 一博
非常勤 
中 麻衣子
非常勤
松尾 翼
非常勤
渡邉 伸之助
非常勤

外来週間予定表

受付時間
8時~11時30分
診療時間
8時45分~
 
午前    

呼吸器外科
医師

     
午後