透視撮影

透視撮影

透視検査とはバリウムなどの造影剤を使用し、見えづらい体内の臓器の形態、機能などをリアルタイムの映像として診断する検査です。

検査の種類・方法

検査の目的は多岐にわたり、バリウムを用いた胃・食道・大腸といった消化管の検査を中心に、ヨード系造影剤を利用した胆嚢・胆管の検査や泌尿器系、婦人科系などの検査を行うことができます。

検査機器

X線発生器   東芝社製2台


透視撮影室

上部消化管検査(食道・胃・十二指腸)
バリウム(造影剤)を飲んで頂き、食道や胃の形状、粘膜の状態をみる検査です。

下部消化管検査(大腸)
肛門からバリウムと空気を注入し、大腸の形や粘膜の状態をみる検査です。

Q&A

Q1:
上部消化管造影でバリウムはどのくらい飲むのですか?
A1:
バリウムの量は約100~150ccと以前に比べ少量となっていますが、胃の大きさや形によって異なります。
Q2:
下部消化管検査で検査食をたべるのはなぜですか?
A2:
大腸内に便が残っていると、検査ができない場合や、正しい検査結果が得られないことがあるので、なるべく便が残らないような食事をしていただく必要があります。これによって検査の精度が左右されます。
Q3:
使用した造影剤はどうなりますか?
A3:
バリウムを使用した場合は便排泄です。ヨード造影剤を使用した場合は尿排泄です。水分制限のない患者さんは、検査後水分摂取を心掛けてください。