初期臨床研修

研修方法および内容

医学の発展と医療技術の進歩には、日々めざましいものがあります。それと同時に、患者、地域住民の医療に対する要求も多様化、高度化しています。一 方では、高齢化世帯の増加と核家族化による介護機能の低下、労働の高密度化などの、疾病の社会的、環境的要因にも否応なく医師は目を注がざるを得ません。
中通総合病院の研修は、外科系、内科系のすべての臨床医に必要な基本的な知識、技能および診療態度を身につけ、「病める人」の全体像を捉えることのできる 全人的医療の習得を目的としています。言い換えれば、「患者の立場に立って、親切でよい医療をおこない、医療内容の充実と向上に努められる医師」を育てる ことを目標としています。
そのためには、第一線の医療に必要なプライマリ・ケアができる基本的診療能力を身につけること、そして、一定の分野では専門的力量を身につける準備の期間と位置づけられます。

◆◆指導医からのメッセージ◆◆

プログラム参加施設

定員

公募によるもの   1年次10名   2年次10名   (合計20名)

研修方法および、内容

学会発表等の研修医部門の受賞

研修の評価

研修医および指導医(者)は、各診療科の研修終了時に「自己評価」「指導医(者)評価」をチェックリストに記入する。またEPOCにおいても評価入力する。研修管理委員会は研修小委員会を設け、研修評価状況を確認するとともに必要な調整を行う。

プログラム修了の認定

研修管理委員会では、休止日数、研修実施期間、目標の達成度、臨床医の適性について総合評価を行い、病院長に報告する。病院長は研修を修了したと認定された研修医に対して臨床研修修了証を交付する。修了認定は、「臨床研修修了認定基準」に則り行う。

初期研修プログラム終了後の研修

当院で引き続き後期研修および専門研修を希望する医師は、さらに2~3年間の研修が可能である。

奨学金制度のご案内

社会医療法人明和会では、医学部医学科を卒業後、明和会の病院・診療所に就職し、法人の医療の発展に貢献する意思を持つ医学生に対し、充実した豊かな学生生活が送れるように、奨学金貸与制度を設けています。(詳細はこちら

後期臨床研修のご案内

後期臨床研修について

研修医の処遇と募集要項および資料請求

研修医の処遇と募集要項および資料請求について