頻度の高い症状を呈する患者の鑑別診断と初期治療

基本的臨床研修目標

B.具体的目標(5/12)

12.頻度の高い下記の症状を呈する患者の鑑別診断、初期治療を的確に行える。

◎は必修項目(自ら診療・鑑別診断を行い、レポートを提出する。)

全身倦怠感の鑑別診断と初期治療
不眠の鑑別診断と初期治療
食欲不振の鑑別診断と初期治療
体重減少、体重増加の鑑別診断と初期治療
浮腫の鑑別診断と初期治療
リンパ節腫脹の鑑別診断と初期治療
発疹の鑑別診断と初期治療
黄疸の鑑別診断と初期治療
発熱の鑑別診断と初期治療
頭痛の鑑別診断と初期治療
めまいの鑑別診断と初期治療
失神の鑑別診断と初期治療
けいれん発作の鑑別診断と初期治療
視力障害、視野狭窄の鑑別診断と初期治療
結膜の充血の鑑別診断と初期治療
聴覚障害の鑑別診断と初期治療
鼻出血の鑑別診断と初期治療
嗄声の鑑別診断と初期治療
胸痛の鑑別診断と初期治療
動悸の鑑別診断と初期治療
呼吸困難の鑑別診断と初期治療
咳・痰の鑑別診断と初期治療
嘔気・嘔吐の鑑別診断と初期治療
胸やけの鑑別診断と初期治療
嚥下困難の鑑別診断と初期治療
腹痛の鑑別診断と初期治療
便通異常(下痢・便秘)の鑑別診断と初期治療
腰痛の鑑別診断と初期治療
関節痛の鑑別診断と初期治療
歩行障害の鑑別診断と初期治療
四肢のしびれの鑑別診断と初期治療
血尿の鑑別診断と初期治療
排尿障害(尿失禁・排尿困難)の鑑別診断と初期治療
尿量異常の鑑別診断と初期治療
不安・抑うつの鑑別診断と初期治療

目 次

前 頁
(基本的手技の適応決定と実施、基本的治療法の適応決定と実施)

次 頁
(緊急を要する症状・病態の初期治療の経験)