緊急を要する症状・病態の初期治療の経験(参加)

基本的臨床研修目標

B.具体的目標(6/12)

13.緊急を要する下記の症状・病態の初期治療を経験(参加)する。

◎は必修項目

心肺停止の初期治療
ショックの初期治療
意識障害の初期治療
脳血管障害の初期治療
急性呼吸不全の初期治療
急性心不全の初期治療
急性冠症候群の初期治療
急性腹症の初期治療
急性消化管出血の初期治療
急性腎不全の初期治療
流・早産および満期産の初期治療
急性感染症の初期治療
外傷の初期治療
急性中毒の初期治療
誤飲、誤嚥の初期治療
熱傷の初期治療
精神科領域の救急の初期治療

目 次

前 頁
(頻度の高い症状を呈する患者の鑑別診断と初期治療)

次 頁
(疾患・病態の経験)-血液・造血器・リンパ網内系疾患、神経系疾患、皮膚系疾患、運動器(筋骨格)系疾患