指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

総合内科・呼吸器内科 草彅芳明

長い医師生活のスタートとしての2年間、初期研修医としてのこの期間は、まさしくかけがえのない時です。誰(指導医)の下で、誰と一緒(同期の研修医)に、何という病院(学んだ研修病院)で、どんなスタッフ(職場の雰囲気)と日々を過ごしたか、何時いつまでも残像のように消えることは無いものです。巨匠の青年時代は、ぶざまなものだと世に云われます。失敗は次なる飛躍を準備します。しかし、私たち指導医集団は、若い研修医のみなさんの失敗を最小限に、飛躍を最大限にするために力を尽くします。中通初期研修プログラムで、一緒になって価値ある初期研修生活を創りあげましょう。

循環器科 

中通総合病院は秋田市の中心に位置し、秋田駅より徒歩15分の至便なところにある総合病院です。私的病院としては県内で最大の規模で、年間3000件ほどの救急車を受け入れる救急診療を始めとした急性期医療、がん治療などの先進的医療、また高齢者の医療に力を入れています。当院は厚生労働省の臨床研修指定病院にも指定されておりますが、若い医師の育成という面では長い歴史と実績があり、自らローテート研修を経験した指導医達のみならず、看護部・検査部・事務職員など院内スタッフすべてが、研修医の指導・研修環境整備に熱心で協力的である事が特徴です。毎朝救急外来で行われている研修医全員参加の「救急カンファランス」は、当直帯に来院された症例の対応を各科指導医とともに検証するという形式で、プレゼンを行う当直医だけでなく参加医師全員が多くの経験を共有する事ができるため、研修医にはもちろん、指導医にとっても生涯学習の場として好評です。更に、繁華街である川反まで徒歩10分という立地は、忙しい研修の合間にも、研修医同士の情報交換、スタッフとの親睦が図りやすいという意味で、良い環境と考えています。