研修プログラムの全体像

【中通総合病院 初期臨床研修(2年間)】特色・理念:本プログラムは、初期臨床研修の本旨に則った基本的プログラムであり、将来いかなる方向に進むにしても必要な基本的知識・技能・診療態度を養うことができるローテイトとなっている。【1年次研修】4月導入研修、5月~12月内科、1月~3月救急・麻酔【2年次研修】4月~6月外科、7月~8月小児科、9月産婦人科、10月精神科、11月~12月地域保健医療、1月~3月選択科 【中通総合病院 後期臨床研修(3年間)】特色・理念:初期研修で獲得した基本的な臨床能力と、患者・家族との信頼関係の形成やチーム医療の円滑な運用に欠かせない資質をベースとして、医療の安全性、感染制御、インフォームドコンセント、EBMに基づく診療など、より責任の重い診療能力を身につけ、さらに各分野の専門的力量の向上をめざすものと位置づける。【内科系コース】1年次:内科臨床の総合的視点形成、2年次:内科臨床の基盤強化、3年次:Subspecialとして選択した1科【外科系コース】1年次:外科医としての基本的視点形成、2年次:外科系各分野の経験、3年次:専門科と他の1科研修【専門コース】1~3年次:各科の後期研修プログラムによる 【国内病院への留学(奨学金貸与規定あり)】主な留学先:秋田大学、愛知県がんセンター、岩手医科大学、大阪りんくう総合医療センター、国立国際医療センター、国立精神神経センター武蔵病院、信州大学、東京女子医大、東北大学、新潟県立がんセンター、新潟大学、弘前大学、宮城県立がんセンター、山形大学、等 【中通総合病院】各科の診療科長として勤務。得意の分野で力を発揮。