研修方法および、内容について

研修方法および内容

卒業後2年間にスーパーローテート研修を行う。

  • 一定期間における研修医の同一診療科への集中を避けるために図に示された診療科(部門)の研修順序は研修医により異なる。
  • 精神科の研修は臨床研修協力病院(秋田回生会病院)で行う。
  • 地域医療の研修は中通リハビリテーション病院または大曲中通病院から選択して行う。

特色・理念

本プログラムは、初期臨床研修の本旨に則った基本的プログラムであり、将来いかなる方向に進むにしても必要な基本的知識・技能・診療態度を養うことができるローテイトとなっている。

1年次研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(8ケ月) 救急 選択必修(6ケ月)

2年次研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
選択必修(6ケ月) 地域医療 選択(7ケ月)
  • 救急研修は1年目1ケ月間の救急研修のほか、2年間で80単位(2ケ月相当)以上の救急外来研修(宿直含む)を行う(1単位=半日)
  • 選択必修を6ケ月、選択を7ケ月とする。
  • 選択必修は外科、麻酔科、小児科、精神科、産婦人科から2科以上を選択し各1ケ月以上ローテートするものとするが、定められた経験目標達成のためには5科を各1ケ月以上のローテートが望ましい。
  • 選択は総合内科、消化器内科、循環器内科、消化器外科、整形外科、産婦人科、小児科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、泌尿器科、麻酔科、病理科、放射線科、眼科、精神科、救急科、大曲中通病院、中通リハビリテーション病院、秋田回生会病院、秋田県赤十字血液センターから選択する。研修協力施設(大曲中通病院と秋田県赤十字血液センター)での研修期間は最長3ケ月まで。
  • 定められた経験目標が達成できるように、選択必修期間に経験できない項目については選択科で研修内容を配慮する。

診療科医師数および指導医数

診療科名

医師数

(初期研修医含まず)

指導医師

(指導医講習会受講済み)

内科神経内科
消化器内科 2
循環器内科
小児科 3 3
消化器外科乳腺外科 12 8
整形外科 6
脳神経外科 2
呼吸器外科 非常勤 -
心臓血管外科 2
救急科
皮膚科 非常勤 -
泌尿器科
産婦人科 3 3
眼科 1 1
耳鼻咽喉科 非常勤 -
放射線科 2 2
麻酔科
病理科 1 1
神経精神科 1
53 38

2018.5.1現在