第10号 2006/9/4

2006.9.4(第10号)
 中通総合病院 臨床研修部

講演会のお知らせ

日 時 :
9月8日(金)午後6時から
会 場 :
医局会議室
講 師 :
北秋田市立米内沢総合病院 副院長 鈴木紀行 先生
内 容 :
秋田県の地域医療を考える その現状と未来 (仮題)

最近の新聞は、「田沢湖病院が常勤医師の退職により救急指定を返上」、「男鹿市立みなと病院で月額20万円の奨学金」「秋田大学医学部の定員10名増」など、秋田県の地域医療が危機的状況にあることを繰り返し報道しています。秋田市でさえ切実に感じることも少なくない現状で、今の地域医療はどうなっているのか、これからどうなるのか、そして今後どうすべきなのか、など、実際に北秋田市の医療を担っている公立病院の先生から率直にお話をしていただく予定です。
鈴木紀行先生は、秋田大学出身で専門は麻酔科、秋田県福祉保健部医務薬事課課長から秋田保健所所長、秋田県衛生科学研究所所長を経て、06年4月から米内沢総合病院副院長をされています。行政機関から臨床に戻られた理由、いわゆる僻地を選んだ理由など興味深いお話もして頂けると思います。
研修医の先生方は必ず参加して下さい。また、医局員以外の方々の参加も歓迎します。全国1位の高齢化県の地域医療をどうするのか、私たちの病院ができることは何か、共に考えましょう。

外科トレーニングセミナーのお知らせ

日 時 :
9月9日(土)9時~(午前の部) 13時~(午後の部)
会 場 :
医局会議室
内 容 :
縫合に関する理論と実践および縫合糸・縫合針の選択
午前の部講義:縫合糸・縫合針の基礎
実技:糸結び、皮膚縫合
皮膚縫合コンテスト
皮膚縫合模型をメスで5cm切開、結節縫合で4針縫合
午後の部講義:消化管吻合
実技:アルベルト吻合、レンベルト吻合、ギャンビー吻合
消化管吻合コンテスト
(1) アルベルト吻合で連続縫合 (2)レンベルト吻合で16針結節縫合
コンテスト優勝者には、粗品の用意があります。
昼食は用意します。
詳細は、外科・安藤先生にお尋ね下さい。

新しい先生のご紹介

佐藤裕太 先生(05年自治医大卒)

秋田大学より4ヶ月のローテイトで、産婦人科(1ヶ月)、小児科(3ヶ月)の予定です。よろしくお願いします。

9月からのローテイト

坂田由美子先生
麻酔科→救急
山田浩之先生
救急→回生会病院

縫合に関する理論と実践および縫合糸・縫合針の選択

9月2日(土)秋田県知事と研修医の懇談会が開催されました(知事は所用で欠席、代わりに出納長が出席)。当院から成田、木村先生と粟崎先生(講師)、阿部が出席しました。詳細は後日に・・。

戻る  メニュー