第29号 2009/7/8

2009.7.8(第29号)
 中通総合病院 臨床研修部

新初期研修プログラムを申請しました

臨床研修必修化から5年が経過し、研修制度の見直しがおこなわれたことにともない、中通総合病院でも研修プログラムの変更について検討してきました。
新しい中通総合病院の研修プログラムはこれまでの経験を踏まえ、内科重点型で研修理念に沿ったものにしつつ、選択科の自由度をより拡げることのできる特色のあるプログラムになっています。

ローテートの一例

1年次研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(8ケ月) 救急 選択必修(6ケ月)

2年次研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
選択必修(6ケ月) 地域医療 選択(7ケ月)
<2010年度からの臨床研修制度見直しの概要>
・必修科は内科(6か月以上)、地域医療(1か月以上)、救急(3か月以上)の3科にとどめ、内科・救急は1年目に実施
・従来必修とされた、外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科はあらたに選択必修と位置づけ、研修医がこの中から2科以上選択する
・臨床研修の到達目標はこれまでどおり

秋田大学「地域包括保健・医療・福祉実習」がおこなわれました

実習オリエンテーション
初日なので、緊張の面持ち「食券が充実していて、びっくり」

歓迎会
会場はもちろん「大昌園」 このあたりから、学生も本領発揮です

救急科小講義

呼吸器内科小講義

循環器科小講義


最終日
症例検討会と懇談会


3週間終わったー!

で、打ち上げ会で飲む飲む

医学生から「遊心苑での実習が一番の思い出です」「ウェルビューいずみの子供たちが可愛かった」「緩和ケアのラウンドが印象に残った」「地域包括の名前どおりの実習ができた」とのn感想が出されていました。

戻る  メニュー