第30号 2009/11/11

2009.11.11(第30号)
 中通総合病院 臨床研修部

医師臨床研修マッチングは10名フルマッチ

10月29日に発表された「マッチング組み合わせ発表」の結果、中通総合病院は定員10名フルマッチとなりました。フルマッチは5年ぶり2回目です。
中通総合病院は定員10名に対して15名の応募がありました。10名全員が秋田大学生です。

指導医と研修医との意見交換会を開催

9月15日に「指導医と研修医との意見交換会」が開催されました。研修を通しての意見を自由に発言してもらい、明日からの研修に取り入れていくことを目的に毎年開催しています。
今年は、「麻酔科研修中の内科外来研修のありかた」、「来年度10名受け入れた場合のローテート」などについて、研修医、指導医双方の意見が交わされたあと、懇親会をおこないました。

臨床研修交流会(東京)に参加してきました

10月30日,31日に全日本民医連と日生協による「臨床研修交流会」(東京タイム24ビル)に参加し、2年目研修医の佐々木勇人Drが「当院での地域保健医療研修の実際」の演題で大曲中通病院での研修内容を報告しました。
全体で61演題もの発表があり、どの病院も様々な努力や工夫で「良い研修医を育てよう」との意識が高いことがうかがえました。

青年医師交流集会(小樽)に参加してきました


講師は北海道文教大学の濱田教授
(通称 ハマちゃん)


横山Drが中通病院の特徴を説明

初日から 大量のジンギスカンを食す

2日目の小樽観光
まだ足取りは軽く元気!


11月6日~8日小樽市を会場に、北海道東北地協「第12回青年医師交流集会」が開催され、横山Dr、佐々木勇人Dr、柴田Drの3名が秋田民医連青年医師代表として参加してきました。
「日常でいかせるスキルの向上」が交流会のメイン企画で、「ワークライフバランス」「タイムマネジメント」「アサーティブネス」といったワークショップ企画に必死に取り組みました。
居眠りする間もなくワークショップが続いたため、最終日には3名ともグッタリ。
でも、小樽観光の自由時間や夜の「交流会」では十分すぎるほど楽しむことができたようです。(詳細は不明)

戻る  メニュー