第36号 2012/5/24(2)

2012.5.24(第36号)
 中通総合病院 臨床研修部

コメディカル研修

◆岩本陽輔先生(放射線課)
X線のポータブル撮影を行いました。今まで触れることのなかった機械を操作し、患者さんの状態や、どのような画像を得たいかによって体位を変えるなど、とてもいい経験になりました。

◆齋藤茉祐子先生(病棟)
患者さんの体のケアや洗髪・足浴・手浴・配膳などたくさんの看護師業務を学びました。医師のサポートだけでなく、身の回りのケアも行うので、体力がかなり必要だと感じました。

◆篠﨑真莉子先生(栄養課)
皿洗いや盛り付け、配膳を行いました。患者さんごと様々な病院食をスタッフがきちんと把握し、協力し合っていてすごいなあと感じました。

◆佐々木慧美先生(相談室)
介護保険や介護施設について教えていただきました。高齢の患者さんが多いので、医師であって
も患者さんから聞かれた内容を理解し、MSWとうまく相談し合えるようになりたいと感じました。


◆高橋靖博先生(生理検査課)
心電図、エコー、聴覚などの検査オーダーの仕方を教わりました。研修医同士エコーを練習し、下手だったのが悔しかったです。今後、エコー室を借りて練習していきたいです。

◆田近武伸先生(栄養課)
調理、栄養管理・指導を見学しました。調理は大変ですが楽しく、調理師、栄養士の皆さんが日々患者さんのために工夫していることを体感できました。

◆長幡樹先生(薬剤部)
製剤の仕方や持参薬の一包化など、薬剤課の仕事を一通り学びました。麻薬や向精神薬などが厳重に管理されていました。震災時の薬剤師の派遣の話などを聞くことが出来ました。

◆本多俊介先生(放射線課)
ポータブルX線、マンモグラフィ、CT、MRIなどを見学しました。どこの技師さんもとても丁寧
に教えてくれて、非常にわかり易かったです。

◆三浦絵美里先生(病棟)
看護業務を体験させてもらい、どの看護師さんも丁寧に対応してくれました。急変した患者さん
の対応、CVカテーテルの挿入を見学しました。

4月の導入研修が終了し、各科での研修が始まっています。
岩本・高橋・佐々木・篠﨑Drは総合内科、長幡・齋藤Drは消化器内科、本多・三浦Drは循環器内科、田近Drは消化器外科で研修を開始しています。

平成23年度臨床研修終了証授与式

平成22年入社の研修医10名の初期研修修了が承認され、3月27日に臨床研修修了証が授与されました。夜には、初めて「研修修了を祝う会」を開催しました。
10名中6名が中通総合病院で引き続き後期研修を。伊藤卓洋先生、荻野先生、髙清水先生は秋田県内で、福田先生は県外で後期研修を行ないます。

10名の先生方、2年間お疲れ様でした。今後のご活躍に期待します。
翌日には空路香港へ‥‥

戻る  メニュー