院長あいさつ

 

深川茂
佐 藤 幸 美

当院は、開設当初より「いつでも、どこでも、誰でも親切でよい医療」をモットーにしております。

診療科は、内科、外科で一部の専門疾患を除き、内科系一般、整形外科、皮膚科、泌尿器などほとんどの疾患を取り扱っております。血液検査や超音波検査などを受けられる場合は、その日のうちに検査結果をできるだけ速くお返しするシステムになっております。

また、リハビリテ-ション部門の強化を図るため理学、作業療法士を増員し、主に脳血管障害や整形外科的疾患を対象に、患者さんに応じたリハビリテーションを急性期から在宅に到るまで提供しております。

一般診療だけでなく、人間ドックや健診の受け入れ、在宅医療にも取り組み、医療と介護を切れ目なく提供できるよう、介護保険の相談にも対応しております。

昭和51年より救急告示医療機関となり、救急医療にも積極的に取り組んでおります。

平成16年4月より療養病棟を設け、急性期を過ぎても治療やリハビリが必要な方々を対象に、落ち着いた環境のもとに療養していただいております。

平成20年の病院新築に伴い、医療から介護、福祉まで一貫して取り組む「医療と介護の融合」の考えのもと、ショートステイを開設しました。

これからも地域住民の方々のご支援のもとに、かかりやすい病院を目指して職員一同 努力してまいりますので、ご指導をよろしくお願い申し上げます。