掲示・届出事項

施設基準届出事項(基本診療料)

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料3
  • 休日リハビリテーション提供体制加算
  • 療養病棟入院料2
  • 療養病棟療養環境加算1  

施設基準届出事項(特掲診療料)

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 認知症ケア加算2
  • 薬剤管理指導料

掲示事項

入院基本料に関する事項

回復期リハビリテーション病棟

3階病棟

当病棟では、1日に11人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と6人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯別の配置は次のとおりです。

  • 08時30分~16時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は5人以内
  • 16時30分~00時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内
  • 00時30分~08時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内

4階病棟

当病棟では、1日に13人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と6人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯別の配置は次のとおりです。

  • 08時30分~16時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は5人以内
  • 16時30分~00時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内
  • 00時30分~08時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内
療養病棟

5階病棟・6階病棟

当病棟では、1日に9人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と9人以上の看護補助者が勤務しています。なお、時間帯別の配置は次のとおりです。
(看護補助者の配置数に看護職員を充当する場合があります)

  • 08時30分~16時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は5人以内
  • 16時30分~00時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内
  • 00時30分~08時30分:看護職員・看護補助者1人当たりの受け持ち患者数は19人以内

選定療養に関する事項

一月に13単位を超えてリハビリテーションを行う場合

費用(1単位20分につき)

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    イ  ロ以外の場合
2,500 円
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    ロ  廃用症候群の場合
2,500 円
該当患者が要介護被保険者等である場合
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    (1)  (2)以外の場合
2,500 円
該当患者が要介護被保険者等である場合
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    (2)  廃用症候群の場合
2,500 円
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
2,500円
運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
2,500 円
該当患者が要介護被保険者等である場合
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
2,500 円
該当患者が要介護被保険者等である場合
運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
2,500 円

なお、回復期リハビリテーション病棟に入院中の場合や、疾患により13単位を超えて行える場合があります。

入院時食事療養に関する事項

当院では、入院時食事療養(Ⅰ)の基準を満たした食事を提供しています。 また、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については6時以降)、適温で提供しております。