入院のご案内

当院は回復期と維持期のリハビリテーションを行うため,回復期リハビリテーション病棟2病棟(110床)と療養病棟2病棟(110床)との計4病棟220床からなるリハビリテーション専門病院です。

回復期リハビリテーション病棟とは、

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折、脊髄損傷等の患者さんに対して日常生活動作能力(ADL)の向上による寝たきり防止と,家庭復帰を目的としたリハビリテーション計画を医師、看護師、介護者,理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなどの専門職がひとつのチームとして共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
理学療法と作業療法は365日実施しています。

入院対象となる患者さんは、

  • 脳血管疾患、脊髄損傷の発症後2ヶ月以内
  • 大腿骨、脊椎、骨盤などの骨折の発症後2ヶ月以内
  • ほかの病院の回復期リハビリテーション病棟から当院回復期リハビリテーション病棟への転院

などの方で、専属の医師や訓練スタッフにより、「寝たきり防止」と「家庭復帰」を目指した集中的なリハビリテーションアプローチを行います。
また、訓練室だけでなく、病棟内での「日常生活動作」を重視し,ADL(食事・排泄・更衣・入浴・整容など日常の生活を送るために必要な基本動作)の向上を目指した訓練と看護ケアを行います。
当院では一つの回復期リハビリテーション病棟に理学療法士13名,作業療法士13名 ,言語聴覚士1名,医療ソーシャルワーカー1名を配置し,医師,看護師と協力し,機能回復,基本動作能力の向上のため密度の高い訓練を行っています。
このほか理学療法や作業療法などの訓練室だけでなく,実際の生活場面である病棟や屋外での歩行,車の乗り降りや,年に2回バスを利用しての博物館や動物園の散策,郊外のスーパーマーケットでの買い物などの実践的な訓練のほか,必要に応じご自宅に訪問し,退院後の生活のための住宅改修の指導も行い,早期に家庭・社会復帰ができるようチームとして支援しています。

入院についてのお問い合わせは、外来部門(内線216)へご連絡下さい。

入院を希望される方の流れ

リハビリ病院入院手順
  1. 主治医へ紹介状をお願いしてください。
  2. 主治医の紹介状を受け取り、当院外来で相談してください。
    相談時間:月~金曜日 11時30分~
    受付時間:午前11時~12時
    なお、土曜日の相談・受付時間は通常の診察時間と同じとなります。
  3. 入院判定委員会で入院の可否を検討します。(毎週月曜日)
  4. 主治医へ入院の可否をお知らせします。(火曜日以降)
  5. 入院日をお知らせいたします。

お見舞いメールのご案内

家族や友人が入院したものの「仕事の都合で・・・」、「遠くて・・・」など、お見舞いに行けないことがあると思います。 このような場合には「お見舞いメールサービス」をご利用ください。

メール文をきれいにレイアウトして入院されている方へお届けいたします。 詳しくはこちらからお入りください。