日報めいわ

初期臨床研修説明会

第9934号  2018年12月13日
中通総合病院

冬と春の実習を前に

11月22日午後6時から、中通総合病院の初期臨床研修説明会が開催されました。

冬と春の医学生実習につなげるため臨床研修担当部が企画し、奨学生や研修医の部活の後輩、夜間当直アルバイト学生などに広く呼び掛けた結果、過去最も多い25人の参加がありました。
鈴木院長から初期臨床研修プログラムの説明があり、小松輝久先生(内科)、鈴木広大先生(消化器外科)、一年目研修医の渡辺学先生、二年目研修医の渡邊康平先生が、各科や実際の研修内容を紹介。また、研修先を選ぶポイントを藤原崇史先生(内科統括科長)が話しました。
引き続き行われた懇親会では和やかな雰囲気の中、参加者は先輩研修医や上級医と親睦を深めていました。