日報めいわ

第144回生き活き健康フェア

第9940号  2019年01月08日
明和会

果物摂取量を見直そう

第144回生き活き健康フェアが12月8日(土)に秋田市民市場で開催され、約90人が訪れました。

特別企画は中通総合病院の糖尿病診療支援チームが担当し『果物と高血糖 ~節度を持っておいしく食べよう~』をテーマに血糖測定を実施しました。血糖と糖尿病に関する基礎的な知識に加え、桃や柿であれば一個、みかんであれば二個など、一日に摂取する果物の推奨量を説明しました。
利用者の方からは「糖尿病を患っているが、現在の血糖値は問題ないか」「よく果物を食べるが、血糖値に影響は出ているか」といった質問が寄せられ、血糖測定の結果をもとに一人ひとりに合わせて指導やアドバイスを行いました。