日報めいわ

中通総合病院DMAT 台風19号の被災地宮城県へ

第10030号  2019年10月15日
中通総合病院

中通総合病院は秋田県からの要請を受け、台風19号の被災地での支援活動を行うための災害派遣医療チーム(DMAT)を二泊三日の予定で宮城県に派遣しました。

病院ではDMAT本部を設置。医師、看護師、社会福祉士の5人が隊員として、10月15日午前3時に病院の救急車と公用車で病院を出発しました。宮城県DMAT調整本部の活動拠点の一つである仙南保健福祉事務所(大河原町)に向かい、午前8時過ぎに到着。その後、隣接する角田市に移動し、活動本部業務に従事しています。
DMAT本部は派遣チームと連絡をとり、現地の状況や支援活動の報告を受け、情報の収集を行っています。