院内がん登録

院内がん登録

 

  • 院内がん登録とは、当院でがんの診断・治療を受けられた患者さんについて、がんの診断・治療・予後に関する情報を収集し、登録する仕組みのことをいいます。
  • 登録の目的は、当院におけるがん診療の状況を把握し、がん診療の質の向上と患者さんやそのご家族への 支援に役立てることにあります。
  • 登録されたデータは、全国のがん診療連携拠点(推進)病院から国立がん研究センターに集められ、国の がん対策に役立てられます。

主な利用目的

  • 国立がん研究センターがん対策情報センターへの情報提供
  • 秋田県地域がん登録への届出
  • 患者さんの予後調査(生存確認)
  • がんに関する医療活動の評価、統計資料の作成

院内がん登録件数

個人情報保護について

  • 登録された情報の取り扱いについては、「個人情報保護法」及び当院の「個人情報保護方針」に基づき、 適正に管理しております。

予後調査について

  • 予後調査とは、当院にてがん登録されている患者さんの生存率を算出するための生死状況の調査です。調査方法は、当院への受診情報を基本としますが、それだけで判明しない場合は国立がん研究センターもしくはこれに準じる機関へ予後調査を依頼する場合があります。それらの機関から市区町村を通し住民票照会等が行われます。その際に患者さん情報を提供する必要がありますが、情報提供にご同意いただけない場合はお申し出ください。なお、お申し出のない場合は、ご同意いただいたものとして取り扱いいたしますのでご了承ください。