薬剤師

薬剤師

役割

薬剤師

病気の治療に欠かすことのできない「薬」、私たち薬剤師は患者さんにとって最も安全で効果的な薬物療法を支えています。

日常業務

  • 調剤・製剤
    処方せんの内容について、飲み合わせ、副作用、量、飲み方などのチェックを行ない、患者さん一人一人に適した形で調剤します。
  • 服薬指導
    患者さんが薬を正しく使えるように薬の効果、使い方、注意点などを直接患者さんへお伝えします。患者さんからの薬に関しての質問や相談に応じます。
  • 薬歴管理
    ”薬歴”は患者さん個々の薬のカルテです。患者さんが受ける薬物療法の情報を整理し管理します。以前起こった薬の副作用、複数の診療科にかかっている場合の重複処方、相互作用のチェックが容易にできます。
  • 注射薬の調剤
    注射処方せんの内容について、投与量、投与経路、投与速度のチェック、また注射薬どうしの混合によって、濁ったり、薬の効力が落ちることがあります。これもしっかりチェックします。必要に応じて、注射、点滴の混合を無菌室の中で無菌調剤を行ないます。
  • 医療チームカンファレンスへの参加
    患者さんの治療にあたっては、医師・看護師・その他の医療スタッフと一体となって取り組んでいます。薬剤師は患者さんに最も適した、安全で効果的な薬物療法を行うために医療チームのスタッフと綿密な連携を取っています。
  • 医薬品情報の管理
    何千種類という薬の効果や副作用の情報を収集し、管理しています。薬に関する医療スタッフからの質問や相談への対応、薬の最新情報、緊急情報の提供などをおこなっています。
  • 医薬品の管理と供給
    病院内において、医薬品の購入と保管、各部署への供給を一貫した管理で行ないます。特に品質の管理(温度、湿度、光など)には万全を期しています。
  • 薬物血中濃度の測定
    けいれんを止めたり予防する薬、抗生物質、臓器移植に用いる免疫抑制剤など、微妙な量の調整が必要な薬の血液中の濃度を測定し、患者さんにとって最も安全で効果的な薬物療法を医師とともに行ないます。
  • 臨床試験・研究、薬学生教育
    薬の専門分野の研究、新しい薬を世に送り出すための臨床試験への協力をおこなっています。また、薬学生の病院実習を積極的に受け入れ、薬学生教育にも取り組んでいます。

スタッフ

16名