1) 血液・造血器・リンパ網内系疾患 2) 神経系疾患 3) 皮膚系疾患 4) 運動器(筋骨格)系疾患

基本的臨床研修目標

B.具体的目標(7/12)

14.下記の疾患・病態について経験する。(1/6)

◎は入院患者を受け持ち、診断、検査、治療方針について症例レポートを提出する。
●は外来診療または受け持ち入院患者(合併症を含む)で自ら経験する。

外科症例(手術を含む)を1例以上受け持ち、診断、検査、術後管理等について症例レポートを提出する。
全疾患(88項目)のうち、70%(62項目)以上を経験することが望ましい。

1)血液・造血器・リンパ網内系疾患
貧血(鉄欠乏貧血、二次性貧血)
白血病
悪性リンパ腫
出血傾向・紫斑病(播種性血管内凝固症候群:DIC)
2)神経系疾患
脳・脊髄血管障害(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)
痴呆性疾患
脳・脊髄外傷(頭部外傷、急性硬膜外・硬膜下血腫)
変性疾患(パーキンソン病)
脳炎・髄膜炎
3)皮膚系疾患
湿疹・皮膚炎群(接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎)
蕁麻疹
薬疹
皮膚感染症
4)運動器(筋骨格)系疾患
骨折
関節・靭帯の損傷および障害
骨粗鬆症
脊柱障害(腰椎椎間板ヘルニア)

目 次

前 頁
(緊急を要する症状・病態の初期治療の経験)

次 頁
(疾患・病態の経験)-循環器系疾患、呼吸器系疾患