呼吸器内科

ご案内

最近の肺がんの増加は死亡率で最も多かった胃がんをついに追い越してしまいました。また大気汚染や生活環境の変化により気管支喘息などのアレルギー性の病気が増え、高齢化の進行による老人の肺炎や、肺気腫などの「たばこ病」も増えています。最近は肺癌の早期発見のために高速CT(スパイラルCT)の活用、そしてまた呼吸管理治療の分野では気管内挿管をせず鼻マスクでの非侵襲的な人工呼吸(NIPPV)の積極的な導入をおこなっています。私たち呼吸器内科のスタッフは呼吸器外科や内科スタッフと緊密な連携を保ちながら診療にあたっています。

主な治療

  1. 肺炎、気管支炎などの呼吸器の感染症の治療
  2. 肺がんの早期発見のための健診、呼吸器外科と共同した治療
  3. 喘息の治療と喘息患者さんへの療養指導
  4. 慢性肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(多くはタバコ病)の診断と療養指導
  5. 急性呼吸不全に対して器械呼吸(人工呼吸)を含めた治療
  6. 慢性呼吸不全の患者さんに対する在宅酸素療法や在宅での人工呼吸療法
  7. 職業性の呼吸器疾患(多くはじん肺など)の診断と治療
  8. 喘息の患者教室の開催や在宅酸素療法患者会の活動への援助

医師の紹介

三船 大樹
統括科長、診療部長 2004年卒
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本がん治療認定医機構認定医
日本呼吸器学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
小林 新
科長 1981年卒
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
市川 友里子
科長補佐 2013年卒
日本内科学会認定医
草彅 芳明
嘱託医師 前副院長 1975年卒
日本呼吸器学会指導医・専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本医師会認定産業医

外来週間予定表

受付時間
8時~11時30分/12時30分~16時30分
診療時間
8時45分~/14時~
 
午前 小林(内科) 三船(内科)
小林(内科)
草彅(内科)
 
三船(内科)
草彅(内科)
草彅(内科)  
午後         三船
(喘息外来)
小林
(喘息外来)