中通総合病院 看護部紹介

 毎日、病院の中では、多くの人の人生が繰り広げられています。

 私たち看護師は、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、様々な場面で患者さんやご家族の傍らに寄り添い、伴走者として存在し続けたいと願っています。  

 そこには、私たち看護師自身の人生も存在しています。様々な場面で心を動かされ、看護師として、人として、学び・成長する機会を頂いております。その学びや経験を活かし、より良い看護を提供したいと日々、誠実に目の前のことに取り組んでおります。

 1955年創業以来「いつでも どこでも だれでも」の基本理念のもと、患者さんやご家族の想いを大切にしながら、24時間365日、絶え間なく、看護を提供し続け、これからも変わることなく、患者さんとの関係性の中で「明日に希望をつなげる看護」を提供していきます。

 患者さんのそれぞれの人生で培ったその人らしさを大切にし、その人らしい人生を送り続けることができるように努めていきます。患者さんもご家族も、そして看護師自身も、また一緒に働く他の医療従事者も、「中通総合病院で良かった」と想える病院に創っていけるよう、毎日丁寧に努めていきます。


 

看護師 イラスト

看護部長   宮野 はるみ

副看護部長  奥澤  律子

七尾 恵美子

松岡  淳子

三浦  千草